読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

納得!朝三暮四

色々書きます

休学するからブログ書く

ブログを始めます

はてなぶろぐ」は口先番長において、「はてな」派生の1つであり、「はてなぶろぐぷろ」に+0で派生させることが知られている単語です。「はてな」派生は、口先番長がはてなキーワードから単語を取得していることに目をつけてイケるんじゃないかと思った私が語彙開発してるのですが、一向に使用者が増えません。しかして、口先番長の派生なんてそんなもんで、皆さん自家製の派生を拵えているようです。

それはさておいて、ツイッターしかアウトプットを行わないことで、自身の文章能力が落ちないかなあ、やべえなあと思ったので始めることにしました。何を書こうかは特に考えていないので、読んだマンガの感想とかゲームの進捗とか気になったニュースとか諸々について滅茶滅茶に書いてやろうと思います。頼むから炎上しないでくれ。

休学します

昨日母親からの電話で、医者に行こうという話が出たので乗ることにしたら、休学することになりました。「医者に行かねばなあ」という漠然とした気持ちはあったのですが、面倒くささとか研究しなきゃとかに追いやられて気付いたら、修論締め切り直前ぐらいになってましたね。笑う。とかく鬱は「やるべき」ことに手を付けるのが阻害されがちなので、とっとと治してしまいたいもんです。親からの「帰ってこれるか?」に「うん」というまで1時間掛かったのは本当に申し訳ない。いや、実際時間が掛かりすぎて「親が迎えに行く」という選択肢になってから「うん」と答えたので、親が朝っぱらから電車でかっ飛ばして来て、連れて帰られたのです。まあ多分連れて帰られなきゃ普通に研究室行ってただろうしなあ。

自分で「俺はこれ以上鬱になんてならないぞ!」という気持ちで鬱にならないよう全力で手を抜いてきたのですが、友人の「いやそれこそ鬱だしw」という指摘はマジ適切ですね。どれぐらい良くなるものかは分かりませんが、気長に頑張ります(、という態度で良いのだろうか……?)。

口先番長

昨日か一昨日あたりに「あめとーく」が「あさくらさん」の邪魔してんなと気がついたので抜いて「ながのか」を突っ込んだんですが、そもそも「あさくらさん」を「あさくら」にすべきな気がしますね。「ながのか」はそれなりに機能してる気がします。これといった単語の発見はないですね。「きょうどうとうち」ぐらいでしょうか。ツイッターでは「ちゃんりてぃー」の食付きが良かったですが、何なんですかね

戦国プロヴィデンス

ツイッターとかであんま書かないんですが、完全に自身の中で以前の艦これポジションを占めているゲームです。内容はよくある戦国武将の美少女化RPGです。戦国武将というか戦国時代の人物全般なので美少女化したザビエルとかいます。例に漏れずHな要素があるので、ザビエルとHができます。楽しいですね。

今日は新しいガチャが来たので回しました(無料分)。柴田勝政(☆5)と上杉景勝(☆4)が収穫ですかね。柴田さんは3月に神化実装されるらしいですね。見た感じ進化は特に尖った性能ではないっぽいですかね。まあ境涯柴田家ゲットできたんで良いでしょう。織田家も付いてるし、来週の連合軍に出せるぐらいは育てておこう。上杉景勝は、後回しかなあ。千利休(2体目)が一切育てずに残ってるし。

モデルの柴田勝政は知らなかったんですが、柴田勝家の養子らしいですね。賤ヶ岳で討ち死んだと。こう、マイナーなところを採用してるの見ると、どこも差別化に苦労してるんだなあという気がします。戦国史サンプルもチェックしたら確かにいますね。ゲーム開始21年後に織田家に登場って時点でまあ記憶されないわなあ。勝家に重用されたためか武勇は5ですが、智謀は1と酷評されている。

マンガ

  • オニマダラ : なんというかこなすべきイベントをどんどんこなしているだけに読めてしまうけど、このマンガは勢いなくしたらダメな気がするので最後までかっ飛ばしてほしい。
  • ムッツリ真拳 : 回を経るごとに作劇が崩壊していくの、もう少し愛を注げる舞台設定と主人公にすべきだったんだろうなあ……
  • カラダ探し : 「黒くて怖い人」の正体は判明せずか。中島かと思ったけど今週のイカレ描写からすると違いそうか。
  • 劫火の経典 : あ、戻ってきた
  • 憂鬱くんとサキュバスさん : 教育
  • 空気人形と妹 : 好きなギャグ密度
  • ひゃくにちかん!! : テキ屋ですごい能力を発揮する主人公溢れすぎ問題

ニュース

nlab.itmedia.co.jp

藤末健三議員は参議院議員(比例、3期)、前年の参議院選挙での党内順位は当選者で下から2番目。民主党菅グループ。票田は立正佼成会マサチューセッツ・ハーバードで修士、東工大で博士とかなりの学歴。通産省に行った後、東大工学部助教授を経て2004年に初出馬初当選。第三次野田内閣で総務副大臣

まあ工学部出身なら、こう取ってつけたような対策はあんまうまくいかないことぐらいすぐ分かって欲しいところ。